loading
検査科

検査科

内視鏡検査

上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)と下部消化管内視鏡検査(大腸カメラ)などがあり、電子コープの先端にCCDカメラがついています。胃や大腸などの粘膜を直接観察し病変を見つけます。また内視鏡を用いてポリープや早期悪性腫瘍などの切除や治療を行うことも可能です。

内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)

当院で積極的に行なっている治療法のひとつです。この術式は今まで分割でしか切断できなかった腫瘍を特殊な器具を用いることにより一括切除することが可能です。外科的手術と異なり、胃を温存できます。※早期がんでもESDの適用もありますので主治医にご相談ください。

狭帯域光観察(NBI: Narrow Band Imaging)

狭帯域光観察(NBI: Narrow Band Imaging)

がん細胞は血管から栄養を補給して増殖するため、がんの始まりには小さな血管が集まりやすくなります。通常の内視鏡の光だと変化がわかりづらい微小な変化も、特殊な青い光を照らして観察するNBIを用いることで、初期にがんの特徴的な変化を見つけやすくなります。

下部画像提供:佐野病院佐野寧先生

通常内視鏡画像
通常内視鏡画像
NBI画像
NBI画像
NBI拡大画像
NBI拡大画像

内視鏡検査

下部内視鏡検査の
苦痛を軽減

細径内視鏡スコープと
炭酸ガス送気装置

  • 大腸内視鏡検査は腸の中に空気を入れながら観察するため、お腹が張ってしまうことがあります。当院ではお腹の張りの軽減に「細径内視鏡スコープ」を導入しています。
  • 腸の中に入れられた空気は体内に吸収されることはありません。炭酸ガスは人体への影響もなく、消化管の粘膜より吸収されるため、お腹の張りが軽減されます。
  • 過去にお腹の手術などをされた場合、ゆ着(腸管と腹壁がくっついてしまうこと)してしまうことがあります。必要に応じ「炭酸ガス送気装置」を用いて検査することにより、痛みが軽減されます。

内視鏡スコープは
本当にキレイなの?

当院では「REIDタグ」を用いて内視鏡スコープ1本ごとに洗浄・履歴管理を行っています。内視鏡スコープは洗浄・履歴管理を行うことで、いつ、誰が、洗浄・消毒したか把握することができ、患者様に安心して内視鏡検査を受けていただくことができます。

心電図と超音波検査
心電図と超音波検査

生理機能検査

心電図
手首、足首および胸に電極を付けて心臓の動きを見ます。
  • 標準12誘導
    ベッドに仰向けに寝ていただき、安静の状態で心電図の記録を行います。
  • 負荷心電図
    検査用の階段を昇降していただき、心臓に負担をかけた状態で心電図の記録を行います。
  • ホルター心電図(24時間心電図)
    携帯型の心電図を装着していただき、日常生活の心電図を記録します。
超音波検査
音波をあてて内臓を画面に映し出す検査です。肝臓などの腹部臓器、乳腺、甲状腺、心臓などを検査することができます。
動脈硬化測定
「手足の血圧」「心電図」「心音」などを測定し、検査します。
呼吸機能検査
息を吸ったり、はいたりすることで肺活量や肺機能などを調べるます。

地域の人々とともに歩み、
良質の医療と介護を提供する病院